2009年02月25日

劇団千年王國

aikana.jpg

今日から琴似のコンカリーニョで
札幌の劇団、千年王國の芝居が上演されます。

2年ほど前から、ギタリストまっちーの兄で
作家の町田誠也氏の関わる劇団に
音楽作りなどで参加していたところ
昨年、千年王國の役者で
ミュージシャンの福井岳郎さんと知り合い
今回の演目でエキストラですが
2公演ピアノで参加させていただくことになりました。

千年王國は札幌でも第一線で活動する劇団のひとつで
沢山の賞も受賞しています。
昨年、古事記を題材とした「イザナギとイザナミ」を
見に行って2人芝居でしたが、ただただ2人に圧倒されたのと
人の心に問いかけ、考えさせる演出と、
それはそれは素晴らしいものでした。

今回の演目は、音楽がキーワードになっているというか
こんな風に最近演奏したことはないかも。
昨日ゲネというか、通し稽古に参加しましたが
役者さんはじめ、関わる全ての方のパワーを
ひしひしと感じるというか、圧倒されるというか・・
ものすごいエネルギーが集まって芝居が作られています。
こういうとき、気の利いた言葉が出てこないなあ・・

もちろん、音楽を作っていくこととは
一緒にならない部分もあるけれど
勉強になるところが多々あり、すごい刺激をうけました。

演劇、興味なかったり、普段見に行かない方も多いと思いますが
音楽と芝居の関わりを観るだけでも面白いし
もちろん、芝居も素晴らしいので、お時間ありましたら是非!
ちなみにいとこの要が舞台監督です。
昨日はじめて酒を飲んでいる以外のところを見た。

ピアノ友、むこぶこと有本紀も2回参加します。
昨日判明しましたが、演奏メンバーに
サンポーニャの岡田浩安さんの奥様、吉田ゆうこさんがいてびっくり!
2年ぶりの再会でありました。

********************************

劇団千年王國
http://sen-nen.org/index.htm

「愛する人を失うという世界共通の悲しみについての物語」
作・演出 橋口幸絵

原子力の太陽が輝く白夜の街。
大学院で雪の結晶の研究をするリュトーシュカは
結晶構造を音階に移行する研究の最中に
雪の結晶のひとつを音楽化した
誰も知らないはずの一小節のメロディが、ラジオから流れてくるのを聞く。
偶然の一致の謎を解きにメロディを作曲した人物を探して南海の孤島を訪れると
そこには雪の結晶のかたちを散りばめた古文書があった。

「どうやらこれは文字らしいのです。誰にも読めません。あなたが解読してくれますか?」

古文書を媒介に交差するふたつの家族とひとつの恋人たちの物語りは
世紀を超えたひとつの運命によって引き裂かれてゆく。

雪の結晶と南海の水底をめぐる、喪失と再生の神話。


会場 生活支援型文化施設コンカリーニョ(JR琴似駅直結)
http://www.concarino.or.jp/

出演

村上水緒 佐藤素子 榮田佳子 赤沼政文 
坂本祐以 重堂元樹(演劇公社ライトマン)
立川佳吾(SKG) 梅津学

2/25(水): 19:30
2/26(木): 19:30(※アフタートーク予定)
2/27(金): 20:00(有本さん出演)
2/28(土): 13:00/18:30
3/ 1(日) : 13:00

3/ 2(月) : 19:30(※アフタートーク予定)(私出演)

3/ 3(火) : 13:00(私出演)/19:30(有本さん出演)
3/ 4(水) : 19:30
※ 開場は開演の30分前、受付開始は1時間前となります。


一般 前売り2500円/当日3000円 
学生(小・中・高)前売り1000円/当日1500円

わたくしにご連絡いただければ前売りにします!

********************************
posted by ゆっこ at 10:17| Comment(0) | 過去の主な演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。